ご挨拶

 超高齢化社会の到来により、医療を取り巻く環境は大きく変化しています。
その中で医療における臨床検査の果たすべき役割は、一段とその重要性を増しています。
 一方、臨床検査業界は、医療費抑制政策により臨床検査の市場規模が伸び悩む状況にある中、業界大手各社を中心に検査技術を応用した、臨床検査以外の食品検査事業、環境関連検査事業、遺伝子関連検査事業、医療情報システム事業、治験支援事業など新たな分野への事業展開が進められています。
 当社は、事業開始以来一貫して地元の特性を活かした緊急検査への対応など地域密着型の検査サービスを提供することで、地域医療の一翼を担ってきたと自負しております。
 そうした中、当社は中長期的においても地域に根ざした臨床検査事業を展開するため、また新しい検査関連事業にも対応していくために、平成18年9月、業界大手の株式会社ビー・エム・エルと資本提携を行い、東北地域の臨床検査事業および関連事業において協力して事業展開していくことと致しました。
 子会社である株式会社地域医療サービスは、岩手県が進める県立病院の効率的な医療提携体制の確立を目指す政策の中で行われている、各医療圏の県立病院間の検体搬送業務を受託しています。
株式会社 盛岡臨床検査センター
株式会社 地域医療サービス
代表取締役社長  小田島 修司